Loading…

Blog実例紹介

成功する農家のメソッド

2020.07.15「微生物酵素」ズットデルネ&Proで土作りの根作り、土壌改良メソッド

皆様の参考になれば幸です。
掲載に不都合がある場合は、ご連絡ください。


野菜作りと土作り
「微生物 酵素」で
安全, 安心, 美味しい、こだわり野菜

  高品質に安定 多収穫 メソッド
  「 ズット デルネ & Pro 」


「微生物 酵素」による触媒は、歴史的に豊富な環境で化学反応したため、イオン交換などの担体結合法(共有結合法にイオン結合法,物理的吸着法)して進化した。

「微生物 酵素」による導電性ミネラル粒子を、さまざまな電子の移動で固定化した微生物センサー, 酵素センサーが、目的に応じてミネラル粒子を利用する能力(触媒)を有していった。

(微生物間に流れる電流は弱いので
 土壌中に流れる電気が人にショッ
 クを与えることはない)


植 物 生 育 促 進

■ 微生物由来の酵素とペプチドの
  配合で、強靭な根を促し土壌環
  境作りで発根/活着、及び老化根
  の賦活を促します。

■ 光合成細菌が、分泌する生理活
 性生成物にアミノ酸やプロリン
 が多く含まれています。

■ 植物の花芽形成や着果時に、ウ
 ラシル,シトシンが、作物(花数
 が多くなり)の収穫量や糖含量
 の増加にもつながります。

■ 赤茶色のカロテノイド色素は、
 着色やツヤを良くする効果があ
 ります。

■ 継続使用で、モグラやネズミの
 忌避 / 土壌細菌整調 / 葉面細菌
 整調


微生物酵素 と ペプチド配合 効 果

【 発酵促進, 土壌の改善

【 日照不足、冷害の生育不良に

【 花芽誘導/促進に

【 果実の色, 糖度, 収量が改善

【 卵質, 肉質の改善

【 連作障害, 土壌病害がなくなる

【 水稲の秋落を防ぐ, 蓮根の品
  質アップ

【 魚介の養殖に効果

【 水圏の生物相が豊かになる

【 果樹の鮮度保持

【 悪臭物質の除去に
◆ ズット デルネ Proの 使 用 法

通 常

 原液を300〜1000倍に
 希釈して、少量多回数で
(露地栽培(10a当たり)
  月/18kg)でご使用
   ください。

◆ 目 安
 苗 作 り
 1000倍で希釈、
  7〜10日毎に散水

定 植 準 備
 500倍で希釈、
  5〜7日毎に散水

定 植 直 後
 500倍で希釈、散水

栄 養 成 長 期
 500〜800倍で希釈、
  5〜7日毎に潅水

生 殖 成 長 期
 300〜500倍で希釈、
   5〜7日毎に潅水

花 芽 分 化 期
 100〜300倍で希釈
  3〜5日毎に潅水


収 穫 期

 1000倍で希釈、
  7〜10日毎に液肥混用

◆ 混 用
 ・殺虫剤の混用は、
  可能です。(殺菌剤は不可)
 ・希釈液は、使い切る。
 ・保 管は、冷暗所で保管。

土 壌 灌 水

(1)元肥施用時または定植後の
  潅水に併用
  光合成細菌50〜100L
 (1000m2あたり)を潅水

(2)追肥施用時の同時潅水または
 生育期間中、月2回の潅水
 20〜40Lの光合成細菌を10a
 に100倍程度に希釈して流し
 込みます。
使 用 例 (1)

 堆肥の発酵 / 分解促進で、
 散布 / 切り返し、その後放置
 してください。
(堆肥1トンに対して30リット
 ルのズットデルネ Proを10倍
 に希釈 / 原液撒布OK)

使 用 例 (2)

日照不足においての生育維持に
(葉面散布、根圏へ灌水)ズット デルネ Proは、葉の葉緑素が強化される為雨季の日光不足を補い葉の構造を強くしべと病などの病原菌に対する抵抗を増す事が可能です。

潅水は、液肥とズット デルネ Proの混合も効果的

※ 強酸性(殺菌作用)の液肥との
 混合は避けてください。

使 用 例 (3)

稲作の硫化水素害防止に水田稲作の土壌改良、根腐れ防止、ガス沸き防止使用量は未熟有機物の量などにより差がありますが10aあたり5〜20リットルを水口から流し込み1作当たり3〜6回施用散布なら同量を100倍に薄めて噴霧されています。


使 用 例 (4)

水質ろ過、浄化に使用目的としてため池の浄化、淡水/海水用/熱帯魚/観賞魚の水質浄化調整剤(ろ過バクテリア)が一般的です。

水 替 え 時

水量に対して0.1%(1/1000)の量を
    添加
水槽100リットル→100cc
    ため池1トン→1リットル

水 質 維 持

水量に対して0.01%(1/10000)の量を添加(1日1回)
水槽100リットル→10ccため池
1トン→100cc

購 入


Contactお問い合わせ

日本のがんばる生産者を応援!

高品質に多収穫メソッドに関してのお問合せ先