Loading…

Blog実例紹介

成功する農家のメソッド

DB Error: connect failed野菜作りを高品質に安定多収穫「ジオバンクシステム」儲かる,稼ぎ方メソッド




微生物 酵素で、元気な「野菜作りを土作りから」

微生物資材は、生産者, 消費者双方の健康を第一と考えて、薬草薬木を主体に身の周りの植物を原料としています。

「微生物 酵素」土づくりと野菜作りで、栄養豊富なの味と日持ち向上に体質改善し、成長促進, 食味向上, 収量アップ等の効果を発揮します。

農薬散布, 化学肥料の投与を見直し、コスト削減を図りながら慣行農法と併用できるよう開発されました。

人や自然に優しい、安全, 安心, おいしいに貢献できる、農業資材の提案と確信しております。

◆堆肥の発酵促進
⇒ 鶏糞, 牛糞や油かす類の未発酵の有機質肥料とともに土にすき込みます。

土壌中のぼかしが肥料化し、肥効が穏やかになり土が肥えます。

◆堆肥2~4tに、ペサージ1袋(2.5kg)混合
 土つくり, 土壌改良, 生育改善で、根の張り良くし作物を丈夫にし、味を良くする。

◆サンパック1袋(2.5~5kg) ⇒植付け前の畝筋や植穴に撒布します。
 収穫の残渣を生かした土づくりに、ズットデルネで分解/溶解し、植物に含まれている肥料分やミネラル分等が、土となじんで地力の元になります。
⇒収穫の残渣などと、ともに土にすき込みます。

◆苗育て 根張りが大変良くなり、窒素過多の苗を丈夫に体質改善します。
⇒育苗土に混合 2g(ズットデルネの潅水が効果的)

◆花や野菜を元気にする。
「リズム3」の酵素は、豊富な炭水化物の生産で根を元気にし、ミネラル, ケイ酸が茎, 枝, 葉を健康体にします。
⇒畝や通路に時々追肥します。




ほうれん草立枯病に対する効果
 「サンパック / ズットデルネ」と堆肥づくりのペサージ併用で、作物の根を元気にさせ青枯れ / 立枯病の発病が軽減される。
 肥料成分は、ほとんどありませんので生育を促進させるために、追肥は速効性の上から尿素や下からの硫安をおすすめします。

◆野菜をおいしくする、ミネラル(リン酸, カリ, カルシウム, マグネシウム)効果が、野菜を美味しくします。
⇒株元に撒布や葉面散布します。

◆果樹類、春又は7~8月, 又は、秋に株周りにズットデルネを潅水(30kg)

◆家畜舎の糞尿の臭い消し ⇒ペサージ/ サンパック/ ズットデルネを敷きわらなどに撒布。

◆太陽熱消毒…微生物発酵熱や酸化還元で、地温が上がり消毒効果がより出ます。
⇒本舗に、堆肥や有機質と一緒に、サンパックをすき込みます。

微生物は、特定の環境下で特定の効果を発揮するものであり、その微生物の生育に適さない条件下などでは効果が異なります。

資材業者が謳う効果を求めて使用しても、使用条件によって効果の再現性が低くなることなどが起こり得ます。

冒頭でも述べたように、微生物資材は肥料取締法などの法的規制を受けていません。


2009年に、全国土壌改良資材協議会が、微生物資材の自主表示基準が設定される前は、含有微生物や添加物, 微生物資材を使用することで得られる、具体的な効果などの明確な情報が得られないものも多くありました。

自主表示基準により 主要微生物の名称 菌数 有効期間 pH 水分等 が表示されるようになりましたが、自主表示基準に登録されていない商品も存在します。
(加えて自主表示基準は公的基準ではありません)

自主表示基準に登録されていない商品は、販売者が研究機構などに依頼し、試験結果を販売者が使用者に説明する形などが撮られていますが、標準化はされていません。

多くの微生物資材は、単一ではなく複数の微生物を含有しています。

自主表示基準に、登録されていない商品の中には、菌の種類や菌数などの情報がはっきりしていないものもあります。

微生物資材の効果は、使用者自身が効果や適用条件を検討する必要があります。

微生物資材を効果を発揮させるために、事前に土壌の化学性, 生物性を分析し、土壌が微生物資材に含まれる微生物に適した環境かどうか確認する必要があるのです。

購入


DB Error: connect failed

Contactお問い合わせ

日本のがんばる生産者を応援!

高品質に多収穫メソッドに関してのお問合せ先