Loading…

Blog実例紹介

成功する農家のメソッド

2016.09.21こだわり美味アスパラガス栽培は「微生物酵素」で、高品質に安定多収穫メソッド

皆様の参考になれば幸です。
掲載に不都合がある場合は、ご連絡ください。


スパラガスの生理生態と栽培技術
 原産と来歴 / 特性について
 育種と品種
 機能性成分と栽培管理
生長と栽培管理
安定 多収穫のメソッド
原産と来歴
アスパラガス(英: aspargus)の原産地は、ギリシアの古名でアスパラゴス(甚だしく裂けるの意)とよばれ、植物学上の枝で葉のように見える部分が細かく裂けているようにみえることから名付けられている。
あるいは、新芽を意味するギリシア語のアスパラゴス(asuparagos)に由来するという説もある。
アスパラガスという日本名はキジカクシ属植物の複数種の総称で、中でも最もよくこの名で呼ばれるのは、栽培作物のアスパラガスA. officinalis)である。
日本に渡来したのは江戸時代で、このときに名付けられた和名はオランダキジカクシ(阿蘭陀雉隠)といい、オランダ船で渡来してきたことと、日本に自生するキジカクシ科の多年草キジカクシに似ていることに由来する。
その他にもさまざまな和名がつけられ、別名でオランダウド(阿蘭陀(和蘭)独活)、マツバウド(松葉独活)、セイヨウウド(西洋ウド)ともよばれた。
西洋ウドはホワイトアスパラガスが軟白栽培したウドに似るため、また松葉ウドの「松葉」は生長した擬葉が針状で松葉に似るために名付けられたといわれている。
漢名を石刁柏(せきちょうはく)というが、石勺柏や石刀柏と表記するのは誤りである。
また、アスパラガスはアスパラと略称される。
特性
アスパラガス(龍鬚菜、英: Asparagus、Asparagus spp.)被子植物の中の単子葉植物に属する、多年生草本植物である。
クロンキスト体系ではユリ科に含めているが、分子系統学によるAPG植物分類体系ではキジカクシ科に属している。
雌雄異株である。
地上から伸びる若芽が食用にされ、アスパラギンを含む。
栽培方法の違いにより、日光に当てたグリーンアスパラガスと、日光を遮断して軟白にしたホワイトアスパラガスがある。
生長して穂先に葉のように見えるものは、実際は極端にほそく細かく分枝した茎であり、本来の葉は袴(はかま)とよばれ鱗片状に退化している。
育種と品種
品種ではなく栽培法の違いで、土寄せして軟白栽培した白いものをホワイトアスパラガス(白アスパラ)といい、それに対して土寄せせずに日光に当てて普通に育てた緑色のものはグリーンアスパラガスという。
グリーンアスパラガスを早どりして市場に出回るものは、全体に細くて長さも短いのでミニアスパラガスとよばれている。
  • グリーンアスパラガス(グリーンアスパラ) - 最もポピュラーな緑色のアスパラガス。地中から出た若芽をそのまま日に当てて栽培している。
  • ホワイトアスパラガス(ホワイトアスパラ、白アスパラ) - 若芽に土を被せて地中で軟白栽培したもの。
  • グリーンアスパラガスに比べると香りは弱いが、特有の甘味とほろ苦い風味がある。
  • 日本では水煮缶が一般的であるが、ヨーロッパでは生を茹でたり、ソテーして食べられている。
  • 紫アスパラガス(紫アスパラ) - アントシアニン色素を含んだ紫色のアスパラガス。
  • ポリフェノールは一般のグリーンアスパラの10倍ほど含まれている。
  • 加熱すると濃緑色に変わる。グリーンアスパラガスのものよりも甘味が強い。
  • ミニアスパラガス(ミニアスパラ) - グリーンアスパラを10センチメートルほどの長さで早どりした、細くて小さなもの。
  • やわらかいため、皮を剥かずに食べられ、あしらいなどに使われる。
機能性成分と栽培管理
アスパラガスは、ビタミンA, B1, B2, C, Eや葉酸などを含みます。
これらの栄養素は、グリーンアスパラガスの方が多く、代表的な緑黄色野菜の一つです。
新陳代謝を促進するアスパラギン酸は、この植物から発見されたものです。
独特の風味があり、天ぷら, サラダ, 炒め物など、和洋中の料理でおいしく食べられます。
アスパラギン酸:疲労回復
アスパラに含まれる栄養素として有名なのが、疲労回復スタミナ増強に効果のあるアミノ酸の一種・アスパラギン酸
体内のエネルギー代謝を活発にする作用があり、栄養ドリンクに含まれる成分としてもおなじみです。
ルチン:生活習慣病予防・アンチエイジング
ルチンは、アスパラにふんだんに含まれているポリフェノールの一種。
毛細血管を強く丈夫にして血流を改善してくれるので、高血圧や動脈硬化、脳卒中、心臓疾患などの生活習慣病の予防に効果があるとされています。
また、ビタミンCの吸収を促進するので抗酸化作用も期待でき、アンチエイジング認知症予防にも有効です。
葉酸:妊婦さんにおすすめ
アスパラには、DNAや細胞の合成に関わる葉酸もたっぷり含まれています。
葉酸はおなかの赤ちゃんの発育に必要不可欠で、妊娠中の女性にとってはとくに重要な栄養素のひとつです。
赤血球の造成を助ける働きもあり、貧血動脈硬化の予防にも役立つとされています。
βカロテンや各種ビタミン:抗酸化作用・美肌効果
アスパラに含まれるβカロテンや、βカロテンからつくられるビタミンAには強力な抗酸化作用があり、癌や糖尿病、アルツハイマー病など、さまざまな疾患の要因となる活性酸素を除去する効果があります。
シミやシワなどの肌の老化を抑える働きもあるので、美肌を保つためには欠かせない栄養素です。
このほかにも、アスパラは抗酸化力が強いビタミンCビタミンEなどを豊富に含んでいます。
ホワイトアスパラに含まれる栄養素
ホワイトアスパラに含まれる栄養素
缶詰や瓶詰としても見かける白色のホワイトアスパラも、紛れもないアスパラの一種です。
緑色のグリーンアスパラとは栽培方法が異なり、遮光して陽に当てずに育てられます
ルチンやβカロテンなどは光に当たることで合成されるため、ホワイトアスパラにはこれらの栄養素はほとんど含まれていません。
グリーンアスパラに比べるとビタミン類の含有量も劣りますが、免疫力アップに効果的なサポニンの含有量はホワイトアスパラの方が多い傾向にあることがわかってきています。
栽培管理
アスパラガスは、毎年春〜夏にかけて出てくる若芽を食べる野菜です。
1年目、2年目は収穫をせずに株を生長させ、3年目の春に出た芽から収穫を始めます。
その後、10年ほど収穫が可能です。
種まきからでも栽培できますが、市販の苗を購入して栽培を始めることもできます。苗には2〜3年目から収穫できる小苗と、その年から収穫できる大苗(すでに数年間栽培された根株)があります。
収穫まで時間が掛かるため、早く収穫を楽しみたい場合は「大苗」を購入するのがオススメです。
アスパラガスは、根に蓄えた養分をエネルギーにして、萌芽を活発化させる性質を持っています。
太くて甘いアスパラガスを採るには、いかに充実した地下茎を養生するかがポイント。
土作り「微生物」ズットデルネ / Pro 
 微生物で、有機物を分解や難解肥料を溶解して、貯蔵根に栄養(炭水化物)が十分蓄えられるように、発根/活着/生育と定植後1~2年で、株を養成しからの高品質に安定多収穫のベースを目指します。
野菜作り「酵素」リズム3
栄養吸収する太い根と毛根を促す炭水化物は、光合成と生合成で若茎の貯蔵根で豊富に蓄えられ、旺盛に生長させる酵素で、高品質に安定多収を目指します。

Contactお問い合わせ

日本のがんばる生産者を応援!

高品質に多収穫メソッドに関してのお問合せ先